まだ生きてる!


by shinjuman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

笑うしかない

鬱陶しい米やな。





さて本日の父。

来月訪れる予定の法務局の事務手続きがどれくらいかかるか、ということについて、局の事務員さんから言われた所要時間についてポロッと母。
「前行ったときは、事務のお姉さんは10分かそこらで終わるって言うてたしな」

そこで父クレッシェンド興奮。
仕舞いには怒声を上げて、役所の仕事が当人の言う10分や15分で終わるはずがない、とトレードマークの首にかけたタオル(家族共用)を床に叩き付けてまで我々に力説していただきました。
んなもん承知の上で、賭けをするように言ってみただけなのに、なんだこの異様な反応。

まあ私が送迎をするから、事務手続きをしている間の私の待ち時間を気にして、期待をするなという意味で反応してくれたのだろうと、超好意的に解釈する。


「俺が悪いんやろ!」と向こうが逆ギレして引いていったのでお開きです。
悪いって思うのなら改善しようよ、とか声をかけたかったのですが、あんまり刺激すると、今日びの家長は家族を手にかけるそうですからやめました。


父に対してひどい言い方をしますが、彼にも努力をしていただきたいのですよ。
仕事一筋はわかるけど、あまりにも家庭家族を考えなさ過ぎる。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-28 23:53 | 普通日記

仕事から帰ってきたら

父から、「このままやと会社に殺されるで」と言われました午後10時。


うちの会社は最近問題の一端を噛まされて、派遣関係書類を作成し直しています。
派遣スタッフ1人につき1枚の台帳等が各派遣現場ごとに2ヶ月更新です。
たくさんの派遣スタッフを投入する現場の資料は膨大な数になるのですが、今まで作成してきた更新の間隔がちがうと指摘され再作成、結果今回の近年稀に見る残業月間となりました。

はっきり言って、去年の年末から今日まで、定時で帰れたためしがありません。
責任は上司にあるのですが、だからといって事務が仕事を放棄することはできませんので、えっちらおっちら資料を作っております。

帰宅が深夜近くになることもしばしば。
父はそんな私を心配して、冒頭の言葉を放ったのでした。


さてこれに対して私といえば、「はいわかりました気をつけます」と言うほかないのですが、なおも「時間外勤務が多すぎるから、この会社おかしい」と言い募ってきます。

お、おかしいと言われても…。

そりゃあ労基法的に問われたらどうか知らないけどね。
実際訴えて派遣書類が完璧に揃うならいくらでも訴えてやるさ。

しかし月の半分が残業する仕事をすでに3年ほどやってますが何か、とか、気持ちはわかるが今のタイミングで言ってくれるなとかいろいろ言い分がありましたが、家族(勤労者)総出で父に対抗した結果、話が堂々巡りしつつも終結したのでした。

辞めようと思ったことはいっぱいありますが、なかなか辞められませんね。
辞める理由がないです。体調も特に悪くないし、他に働き場所を見つけたわけでもない。
ただ父の心配はもっともで、いつか真剣に考えようとしていたのですが、よりにもよって、このくそ忙しい時期に「殺される」とか「おまえの会社はおかしい」とか言われなければいけないのか。

じゃあどうしろと言うのかと問い返せば、「自分で考えろ」と。


考える余裕などないのはわからないんだろーなあ。
やむなく問題を先延ばしにしてるのに。
父こそ酒の話を糾弾されると嫌がるくせに、人には自分のタイミングで好き勝手主張する。
揚げ句、当の本人が模索中の答えを強要するのだから、質が悪い酔っ払いだ。
…呑んでたのか。



この波が終わったら考えようかな。
ただ自分が何をしたいのかがわからないんだけども。
わからないから今の仕事をとりあえずしてるんだなあ…。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-24 00:56 | 報告書

パパンがパン

今日の昼ご飯はパンです。
意外とちくわパンがうまいんだな~。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-16 12:18 | 報告書

撒き散らし

問題です。じゃじゃん。

父が「せっかく皿洗いしたのにありがとうのひとつもないのか」とか「ゴミの分別なんて聞いてもわからんから、やらへん」とか「そもそも発泡スチロールも他のゴミも元は一緒やん」とか言い出しました。
どうしますか?

ヒント:下手に返すと「もうええ、もうええ」と議論を打ち切られます。



とりあえず。
「せっかく○○してやったのに」等の言葉を聞けるとは思わなかった。
あなたは妻の家事をなんだと思っているのかと小一時間(ry


最近…仕事以外でも心臓のあたりがきゅーっとなるんですが気のせいですか。
あなたは日頃のストレスを人に撒き散らすことで発散できていいんでしょーが、撒き散らされる方の身にもなってほしいやね。
しかも彼の場合、他人を貶めることで発散してるんだから始末に負えない。
カラオケなどの遊興は「下の下」らしーっすよー。
何度笑顔の仮面をはがしそうになったことか(穏便にことを終わらせたい派なので)。



明日から仕事は残業週間に入ります。
今月は加えてアルバイトさんの一年間の所得税の過不足を計算して、必要な方には還付や追加徴収を行います。

私もいくらか返ってくるので一安心です。ふう。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-16 00:46 | 報告書

titi

うむ。会話は普通だった。



さて前々から気になっていた音楽を探す旅に出かけたところ、ヤフオク→アマゾン→youtubeで満足してしまった自分がいます。


イーラというアーティストが作ったのか、イーラというアルバムの一曲なのか、ともかく「アメノ」っつー曲があって、「pure」っつーヒーリングCDに入っていたのです。
テレビ番組のテーマソングにもなっていたみたいで、今は見られない「劉禅フラッシュ」(という題名なのか不明)のBGMでした。

「あめの あめのとーれ あめのとーりーめ」などと歌い続ける意味のわからない曲ですが、雰囲気が好きなので、どっか安く売ってないかなー、と最初はヤフオクあたりをさまよっていたのです。

ただyoutubeに至り、原曲(「pure」は編曲がかかっている)がダダ漏れしている現実を目の当たりにし、正直腹いっぱいになっていしまいました。てへ。

ただ編曲された方はなかなか見つかりません。
あのラジオのチューナーのような間奏部が好きなんですけどね、編曲した方は。
…問題は「pure」収録曲が本当に編曲した方なのかどうかという…。
つーか劉禅のフラッシュ動画が見つからない。


という一連をなぜ睡魔との戦闘中に行うのか。
寝ろ。はい。
明日は元気だったら髪を梳きに行きます。
ぼんわぼんわになってきたので。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-06 01:58 | 普通日記

生きてるぞー

るぞー。

るぞー。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-05 08:52 | 報告書
今日は我が家で最高レベルの緊急警報が発令されました。

原因はいろいろあって、まあどっちもどっちと言いましょうか。
双方の相容れぬ性格が衝突したからこそ起こり得た事態なんですが。

一応飛び火を防ぐために各メンバーに対応策は触れて回っていますが、元凶を手にさせずにどこかに隠すのか、いつも通りに放置したらいいのか、計りかねています。
もし隠したら逆切れされそうなのと、やりだしたらキリがなくなりそうなので。
かといって何もしなかったらしなかったで、我々に対するアイテムとして使用されそうなので。
正直、怖いです。


自室の入り口には簡易バリケードを設置。
入ってこられたら全力で弟を呼びます。
呼べる状態に彼がいたのなら。


何事もマイナスに考える私のひとり芝居のような気もしますが、昨今の世間さまを見ていると、とても楽観視していられません。

21時からやってた歴史番組は見ていたようで、声もかけてくれたので、大丈夫なのかも知れません。
ただ生真面目な人間の考えることはわかりませんので、そこら辺は油断なく。


ところで父が主役です。
おやすみなさい。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-05 00:57 | 報告書

賀正

新年明けましておめでとうございます。
のっけから「がしょーん」と言わなかった私を褒めてください。

でも年賀状をまったく作成していない自分を責めてください。
うえーんこれから作ります。


年末は東京へ行きました。
A先輩と。
例のイベントに行くわけでもなく、執事喫茶に行くわけでもなく、秋葉原。
東京住まいの人妻(笑)と合流して向かった念願のメイド喫茶は正統派でした。

あと海洋堂に行きました。
等身大綾波レイのフィギュアを生で鑑賞。
迫力あるなあ。


31日はまず池袋。
それから人妻と一緒に品川プリンスホテル併設の水族館へ行きました。
イルカとアシカのショーを楽しみ、18時過ぎに東京ネズミーランドのカウントダウンイベントに参加するメンバーと合流して、まずは晩御飯をとるために東京駅周辺を歩きます。

が。

ない。
東京駅っつっても大晦日には敵わないらしく、ファーストフード店なんかを除いてほとんど閉店。
散々歩き回って収穫がなく、新幹線の本数も限られてきたため、ここで別れる。

大晦日なんだなあ。
自由席が余裕で空いてる。
図らずものぞみに初めて乗り、一路京都へ。


感想。
東京はやはり人の住むところではない。
ただ網目のような路線を駆使し、地下街を当然のように闊歩する彼らには敬意を表したい。
田舎っていいよな…。
[PR]
by shinjuman | 2008-01-01 22:49 | 報告書