まだ生きてる!


by shinjuman
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ディスカバー

たとえばRPGをやっていて、一度アイテムをとった場所に、再び別のアイテムを置くという気を利かせた場面にあうことがあります。
現実に同じ場面に遭遇したとき、勇者はどうすればいいでしょうか。





とりあえず中身を水に入れ替えておきました。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-24 21:07 | 報告書

しけしけ~

インパルスの堤下とモデルが年内結婚か……。
ビビビ婚でないといいよね(古




昨日は結局23時まで仕事でした。
あの炎天下の2時間のせいだと思います。
S川急便(今さら伏せ字)軍団の応援は気合い入れすぎだと思います。
相手チーム(某病院)の応援の普通さとのギャップがまた…。

微熱があったので早く帰ろうと思ったのに、意外とやること(やってないこと)があって自分でも呆れました。
熱計ったら36.2℃でした。
これは微熱なのかどうなのか。



今日は中村軒~パパジョン~天下一品総本店の食い倒れツアー計画だったのですが、お相手の先輩と意志の疎通が図れず(笑)来週末へ。


ということで、念願の『王の男』DVDを見ました。
噂のカットシーンが入ってて感激。これは韓国上映版なのかな?
映画館で2回、ようつべで2回と都合4回見たのに、相変わらず泣けた。切なくて泣けた。

だが最初の一座での綱渡りのシーンが、あからさまに別撮りだったのに気づいて微笑む。


日本語吹き替えに関しては、ネイティブに慣れた身としては時間を置いてゆっくり鑑賞するつもりです。
台詞では伝える量も限られるし、字幕とまたちがった言葉が出てくるでしょうね。

ところで声優インタビューコーナーの石田彰氏はなぜあんなにも疲れているのか…。
あれが素というかもともとの雰囲気なんだろうか…。
…堀内賢雄さんの声恰好いいよねえ…。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-22 17:26 | 普通日記

西京極球場へ

これから会社付き合いでソフトボール大会を観戦しに行きます。
休憩時間に。
ちらっと顔出すくらいでいいって言われましたが、どーよこれ。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-21 12:29 | 報告書

無題

町田の立てこもり事件ニュースを見てました。
ザ・ワイドでのキャスターv.s.隣人のおっさんの、かみ合わない会話が楽しかったです。

続いてかっつんの赤西氏が帰国会見をしてたところをみました。
受け答えを聞く限り、まともに日本語をしゃべれない奴が何をしに外国語を習いに行ったのかと問いたいです。
以上
[PR]
by shinjuman | 2007-04-20 14:45 | 報告書

携帯より徒然

速水もこみてぃの「てぃんこきゅう」はテレビ的にぎりぎりだと思う。



『王の男』DVDが届きました。

佐 川 で。

まだ中身を確認してないので、中身がどんなことになってるかわかりませんが、まあ楽しみです。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-19 12:40 | 報告書

見ました

録画した『放送禁止5』を見ました。
「しじんの村」。
それまでは第2弾から第4弾まで見ているので、この映像のどこかに本当の真実が隠れているんだ、という意識で見てました。
やばいそういう練習させられてんじゃないか。


というかこの放送を関西テレビがやってるってのが皮肉ですな。
このドキュメンタリー風のドラマ『放送禁止』のコンセプトが
「事実を積み重ねることが、必ずしも真実とは限らない」。
というものですが、関西テレビの場合はその事実すら事実でなかったわけですね。HAHAHA



けれどもちょうどクライマックスでディスクの様子がおかしくなり、映像が飛び飛びになってしまっていました。
これからってときに!!

仕方ないので、インターネット上のサイトで再度閲覧。
最後……衝撃……。

閲覧者の推測が解説で、ようやく彼らの存在理由が推測できた。
みんな怖い……。




怖いと言えば、今からちょうど2週間前に能登半島で地震が起こりましたが、今日は「すわ東南海地震か」と思わせた地震が起きました。
三重県北部で地震発生。

京都府南部は震度3。
やばいね…。これ以上花折さんと西山さんを刺激せんといておくれ…。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-15 16:04 | 普通日記

こうふんふん

放送禁止やるんだってやるんだって!!!!
(興奮)

そう言えば第一弾は見逃してたんだなあ。
見たい…ような見たくないような…。
こんな感じで
[PR]
by shinjuman | 2007-04-14 23:05 | 普通日記

そして

思い出したようにライフログを追加する。
楽しみがあるっていいなあ。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-12 17:47 | 報告書

公休

もう仕事行くのいやになってきた。




ハイ。
『鋼鉄三国志』みました。
世の中にはいろんな腐がいるんだなあと呆れました。

大佐とか大佐とがガイラルディアとかムサシとかブレッドとかオカマ(役柄)とかいて声優陣は豪華だ。

弟を巻き込んで視聴しました。
OPとED曲はいいな。
宮野真守って歌うまい。

が、次回録るかどうか、めさくそ迷っている。
今ならまだ間に合う。
これ消して『おお振り』録ればいいじゃないか。

なあ。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-12 17:34 | 普通日記
鋼鉄でもなんでもいいや。本家の『三国志』を見てモチベーションを上げます。



本当は先週の5日に公休を取ることになっていたんですが、いろいろごちゃごちゃで消えました。
代わりに入れたが明後日も休みだわっほーい。

映画『蟲師』を見に出かけました。

その前に。
その映画上映まで時間があったので、近所のサティに寄って昼飯を食い、お客さまの声コーナーに立ち寄りました。
おもしろい意見がたくさんあるので、ああいうのは見てて楽しいですね。

「1階のフードコートを走り回るガキがうるさい。店員は注意しないのか。なんのための警備員か。」要約。


HAHAHA。
おまえは警備員をなんだと思ってんだ。
自分ができないからって、親の躾の賜物の監視を店に任せるDQNキタコレ。




さて本題。
 ↓↓↓ちょいネタバレ↓↓↓

衝撃! ぬいは生きていた!

 ↑↑↑ちょいネタバレおわり↑↑↑

というとってもわかりやすく、やってほしくないことをしてくれていました。
虹郎はずっとギンコについてるし、真火は女の子になってるし…。
そりゃあ隅々まで原作に忠実にしろとは言わないが、先に良質のアニメを見てしまっているので、どうしてもそれと比較してしまいます…。
とりあえず、   はあのあとどうなったのか。




さて去る日曜日。
友人の友人宅へお邪魔することになりました。
お花見です。
近所を通る木津川縁にソメイヨシノが1kmほどの距離にわたって植えられていて、毎年花見客で賑わっているということ。
スタートからゴールまで2時間花見をしまして(歩いた歩いた)、ご友人宅へ流れ込みました。
ピザを注文していざ酒盛り! といっても私はほとんど酒飲めないので、グラスに4分の1をちびちびと。
久々に食べたピザがうまい。超うまい。


それから夜まで、喋ったりテレビ見たり、大学時代に所属していた創作サークルの発行物、最新刊(とひとつ前のやつ)を読んで悶絶したりして。
後輩たちのの言い訳が散らばったあとがきが、またもう。
や、私だって言い訳はしたことありますけどね…。
「無理矢理書きました」と言ったことはない……と思う。記憶定かならず。ヤバス

その酒の席で、母校へ生協会員の大会手続きに行ったという先輩が、そこで渡された冊子を見せてくれました。
大学内で一番規模の大きな文芸サークルから分離した集団が発行しているものです。
彼らは「質の高い文章を書く」ことを目標にしているとか。

新入生向けに作成されたビラには、
「こんにちは。文芸創作同好会は2年前に設立された比較的若いサークルです。設立をした先輩方は、大学の文芸サークルが趣味的な集団になってしまい、ただ創作をして適当に合評をする、あるいは文芸という概念の幅を広げるあまりにライトのベル愛好者の団体になったり、ほぼ漫研化したりしている現状を受けて、文学研究や作品合評、創作技術の向上を真剣に目指すべくこのサークルを設立しました。」
とさ。


まるでライトノベルは文芸ではないような物言いではあーりませんか。
はて文芸って何? 

ぶんげい 【文芸】
<(1)〔literature〕詩・小説・戯曲など、言語表現による芸術。文学。
「―作品」「―雑誌」「―評論」
(2)学問および芸術一般。学芸。
(3)書名(別項参照)。
By Excite


はてさて彼らの主張する「文芸という概念の幅を広げるあまりにライトノベル愛好者の団体になった」とはいったい何を意味するのか?
そして「適当に合評」せずに「文学研究や作品合評」するならば、そのちがいはなんなのか。
「創作技術の向上を真剣に目指す」ならばさっさと通信講座行け。持ち込め。
何よりおまえらの作品は「おもしろい」と思わせる力に欠けているぞー。

それに何がおもしろいって、彼らが新入生歓迎の時期に発行した冊子の編集後記で、自ら掲げた目標の具体的な達成方法が見出せず解散の危機に陥ったことを暴露したことですよ。
誰が「倒産しかけております」と豪語する会社に入ろうとするだろうか?


以上、彼らを反面教師として、私はますますの創作活動をしていこうと決意したのでした。



そんな中読み終えました《ナイトランナー》シリーズ第2部最終巻。どいつもこいつもくっつきやがって。おめでとう! アンタいい人だナイサンダー!

シリーズ第3部の第1巻が今年夏に発行されるということです。
今月中旬に『王の男』DVD、再来月には『蟲師』の画集が家に届きます。
そのあとの楽しみがなかったので、こうして生きる目的ができてうれしいです。ひゃっほう。
[PR]
by shinjuman | 2007-04-10 22:54 | 普通日記